車検の予約は期間に余裕を持とう

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車検は自動車を保持している以上は避けて通れないものですが、お店に出かけてすぐみてもらえるわけではないので予約を入れておかなくてはいけません。いつでもできると思っていたら、期間があっという間に過ぎていてぎりぎりになることも良くありますが、時期も無駄にせずなるべく安く作業をしてもらおうと思ったら計画を立てて行動することが大切です。
一般的には、車検をする時期としては満了日を迎える1ヶ月前から受けることができるので、その期間に予約を取るようにするのがおすすめです。出張などの予定が入ってどうしても受けられない場合には、それより前でも作業は可能ですが、作業を受けた日から2年有効という風に満了日が設定されるので、早く受けすぎても無駄になってしまうので気をつけましょう。

忘れないように自分でも満了日に気をつけよう

車検は2年に1回と意識していても、予定が重なるなどしてあっという間に後一週間しかないというような事も出てきます。期間が短くなると思ったような日程で予約が取れないことも出てきますし、書類の準備がスムーズにできなくて時間がかかる事もあります。運が悪いと期限が切れて手続きが面倒になってしまう場合も出てきますから、人任せにしないでチェックはしておくようにします。
自動車を購入した店舗やこれまで作業をしてきたお店から、満了日がそろそろ近づいてきたらお知らせのはがきなどが送られてくることが殆どですから、しっかりと目を通しておきましょう。見積もりの比較などもウェブサイトで気軽に取る事ができますが、実際に自動車の状態を見てもらいたいと思っているのであれば、早めに相談する方が安心です。

打ち合わせは早めにしておきましょう

見積もりやいつ作業に出すかをお店と相談することになりますが、実際に店舗に出かけてみてもらうだけでなく、電話やウェブサイトを利用しても話を進めていくことができます。希望している日程から大体1週間から2週間前ぐらいから作業日の決定をすることができるお店が多いので、事前に話し合いをしておきましょう。
代車に関しても必ず用意してもらえるわけではありませんから、必要であればお店に問い合わせて確保しておくと、当日も自動車を出した後もスムーズに生活をしていくことができます。ディーラーや工場だけでなく、ガソリンスタンドやカー用品店など、作業をしてくれるお店が増えた分だけ、日程の調整も思うようにできないことも出てきています。余裕があるうちに早めに決めておくことで、うっかり期限切れという事も防げます。

ピックアップ記事

車検の予約時には費用の見積もりを取ってから

車検は法で決められているので車を持つ方にとっては忘れられない必須チェックです。実際に車検を定期的に行うと車の不具合が発見されて、早めの改善で安全性や快適さ、さらに寿命を延ばすことにもつながります。しか...

車種を問わず車検の予約をスムーズに行うなら

車検の予約をスムーズに行いたいと感じたら手軽にインターネットから行える業者を活用しましょう。すぐに空き状況を確認することができて役立ちます。そして平日に利用するのは難しいと感じている方は土日祝日営業し...

車検の予約には書類が重要です。

車検の予約には書類が必要です。前回の車検証と納税証明書、自賠責保険証と整備手帳です。これらの一つでも不足していると受けられませんので、しっかり準備をしてください。書類のほかにももちろん費用も必要です。...

車検の予約は期間に余裕を持とう

車検は自動車を保持している以上は避けて通れないものですが、お店に出かけてすぐみてもらえるわけではないので予約を入れておかなくてはいけません。いつでもできると思っていたら、期間があっという間に過ぎていて...


重要点